Bars and Melodyを聴こう!!

彼らを語る上でまずはこちらの動画をご覧いただきたい。

これはイギリスのテレビ番組”Britain’s Got Talent”というものでアマチュアパフォーマーがステージにてショーを行い、審査員の目に留まることができたら彼らからのオファーを受けることができるという番組です。

そこでレオンドル(通称”Bars”)、チャーリー(通称”Melody”)の2人がその権利を掴んだ時の映像で、Bars and Melodyが世に大きく知れ渡った瞬間と言っても過言ではないものです。

この時歌っている曲はレオンドルが学校生活で味わったいじめの苦痛を歌った“Hopeful”という曲で、彼らのファーストシングルになったのもこの曲。
この辛い経験を歌った曲がたくさんの人の心に響き、彼らをアーティストの道に進めたとも言えます。

ちなみに動画内で、彼らのデビューを決定づけるボタンを押した人(審査員の一番右側の人)はSimon Philip Cowell(サイモン・コーウェル)という人で、Sycoという彼のイニシャルからとったレーベルを発足しており、Leona Lewis, Susan Boyle, One DIrection, 最近ではPRETYMUCHなど数々のトップアーティストを発掘した人です。
この動画内では優しそうにしているおじさんですが、審査は非常に辛口で問題視されるほどの人。

そんな人に認められた才能を持ち、辛い境遇からアーティストへと展望していった2人の曲を今日は見てみましょう!

Hopeful

‘Cause I’m hopeful, yes I am, hopeful for today
Take this music and use it, let it take you away
でも僕には希望があるんだよ。今日だって希望を忘れない。
この曲をあげるから聴いてくれよ。君を連れて行ってくれるさ。

And be hopeful, hopeful, and he’ll make a way
I know it ain’t easy, but, that’s okay
希望はあるんだ。そう思えば道が開ける。
簡単じゃないことはわかってる。でも大丈夫さ。

Just be hopeful
希望を持つんだよ。

UJ:彼らのデビュー曲にして彼らを世に知らしめた曲。
詳しくは上述だよ!

Never Give Up

So never give up now, never give up now
Cause we would ever fall down
だから、諦めないで。今、諦めちゃダメなんだ。
このままだとダメになってしまうから。

Never give up now, never give up now
This time
だから、諦めないで。今、諦めちゃダメなんだ。
今このときなんだ。

So hold on, hold onto what you got now
We will rise up, rise up for make a stand now, yeah
今、手にしたいものにしがみついて、
立ち上がるのさ。今、この居場所にいるために。

夢を追いかけて行こうよ。
つないだ手を離さないで。

夢を追い越して行こうよ。
二人で。

UJ:avexのオファーでなんと日本語入りの歌詞で歌ってくれた曲。
この曲もやはり勇気をもらえる1曲です。

Thousand Years

A thousand years, a thousand miles
Across the world just to see you smile
1千年の時を超え、1千年マイルもの距離を超えて
世界を超えていくのは君の笑顔を見るためな
んだ。

You’ve been away for way too long
I need your love just to keep me strong
君は遠くかなたにいたんだ。
強くいるためには君の愛が必要なんだよ。

Everyday I’m not with you I lose my mind
But I will wait forever, girl
True love is hard to find
毎日、君といられず心に穴が開いているんだ。
でもずっとずっと僕は待つよ。
真実の愛は見つけ出すのは難しいんだ。

A thousand years, erase the time
I’ll wait forever just to make you mine
1千年の時だって消し去ってしまうんだ。
僕は待つよ。君を手に入れるためにね。

UJ:2017年に発表したラブソング。
激しめのビートでかっこいい曲調ですが
歌詞の内容も併せてかっこいいですよね。

Beautiful

The day I met you I became somebody
Now I’m standing next to you
君と出会った日は僕は別の誰かになったみたい。
今や僕は君のそばにいるのさ。

You make me feel like somebody
Tell me what you wanna do
君はまるで他の誰かになったかのような気持ちにさせてくれる。
君は何をしたいのか言ってごらんよ。

I just wanna be with you
Wanna be with you
僕はただ君といたいのさ。
君と一緒にね。

Just wanna be with you
Tell me baby what you wanna do
君と一緒にいたいのさ。
君は何をしたいのか言ってごらんよ。

UJ:この2人のちょっと背伸びしている感じが、紳士の国イギリス的だな~と感じます。

リンクはこちらです↓

YouTubeチャンネル ”世界はラブソングでできている”

管理人UJのtwitter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です