洋楽 和訳 あなたの心を魅了する”花”の歌

こんにちは。UJです。
昨日今年も開花宣言があり、東京にも桜が咲いたそうです。

春になるとたくさんの花が咲き出しますしそれを見ると心が穏やかになれますよね。
私も大人になってからですが毎年花見に行くのが楽しみなんです。
(昼間から堂々とお酒が飲めるという意味でもある、笑)

また花は、恋愛にも欠かせないアイテムで、洋楽ラブソングでもたくさん登場してきます。
そこで今日は花にちなんだ曲をピックアップしました。
是非見ていってくださいね(^0^)

Air – Cherry Blossom Girl

僕の愛する人
桜(チェリーブロッサム)の女の子。

一日中、気落ちしてしまうよ。
君がいないところにいると。

毎晩しばらく、君と外へいきたいだけなんだよ。

桜(チェリーブロッサム)の女の子。
本気になれない理由を教えてくれないか?

UJ:やはり本題から狙っていくなら桜(Cherry Blossom)を探しますよね。
パリが生んだバンドAir(エール)がこんな曲を歌っていました。
この曲の女の子がなぜCherry Blossom Girlと呼ばれているのかはわかりませんがそれだけ美しく凛々しい女性ということでしょうか?

Ed Sheeran – Supermarket Flowers

だからハレルヤを歌うんだ。あなたは聖母の姿をした天使だったよ。
僕が挫けてしまったとき、支えてくれたんだ。

飛び立つために羽を広げるんだ。
神があなたを連れ戻す時がきたんだ。

そして彼は言うんだ。
ハレルヤ、おかえり。と。

UJ:Ed Sheeranさんの祖母が亡くなったことが書かれた曲です。
祖母が亡くなり、飾られていたスーパーマーケットで買われた花を片付けるシーンからこの曲は始まります。
むしろ最初のくだりにしか出てこないこの花ですが、タイトルになるほどこの曲を印象づけています。

Shawn Mendes – Roses

僕はまだ火がついていない。本気になっていないさ。
でも君の気持ちも同じなんじゃないかって心配になるよ。

君といるときは正直にならないとだよね。
もし僕が間違っているのなら言ってくれ。おかしいと。

でも僕はこのバラを君のために手にしたんだ。
だから知る必要があるんだ。

あなたはこのバラを枯らしてしまうのかい?育てるのかい?
枯らすのかい?成長させるのかい?

UJ:花の名前の曲を調べていると、一番出てくる花は、圧倒的に”バラ”でした。
やはり欧米では、恋愛、好きな気持ちを表す花はバラになるのですね。

The Chainsmokers feat. Rozes – Roses

骨の芯まであなたを感じてるわ。
二人だけの時間に戻って、いなくなっちゃおう。

古い映画を見ながら夜をだらだら過ごして、
奥の部屋でカウチに座ってタバコを吸うの。
そして二人でいなくなっちゃうの。

だから決して離れないって言って。

UJ:さて、そんなわけでもう1曲バラの曲を。
バラは咲く時期が一般的には5月のようで、桜が終わった後に楽しめるようです。
棘が多く危ない花でもありますが、それを超える美しさで魅了します。
コメント欄全然曲と関係なくなってしまった・・・

Kylie Minogue – Flower

遠くにいる子、あのコは私にとって花のよう。
そよ風に吹かれているのかしら。

あなたへ私が命を吹き込むと、私を感じることができるかな?
どこかの砂漠でしずくしか手にできないこともある。

でも私は知っているは、ある日
あなたに私は驚かされるって。

UJ:少し意訳になっちゃいますが、Kylieさんの澄んだ声と叙情的な声に
すごく心穏やかになれる曲です。また、この曲は花のように美しく咲くためには過酷な経験が櫃ようなときもある。という内容も歌われています。

あわせて読もう★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です